イメージ画像

薬剤師の転職「納得のできる転職先に出会いましょう」

これは薬剤師に限った事ではありませんが、転職活動ではその後の人生が決まる重要な判断が求められます。新しい職場が決まり働き始める事が出来たとしても、何らかの不満・ミスマッチが起こり再度転職を繰り返す事になってしまう事も十分考えられるのです。
保育園看護師、パート求人の注意点

何度も転職を繰り返す事であなたの薬剤師としての価値が大幅にダウンし、転職の度に条件が悪くなってしまう・・・ こんな事態を避けるためにも、転職活動では揺るぎない「希望条件」や「転職理由」を持ってよりよい職場探しに専念する事が重要なのです。

とはいえ、エントリー後の書類選考にパスし、面接に向かい・・・と段階を踏めば踏むほど「あ、やっぱりこの職場は良くないかも?」と分かった段階で断る事が難しくなってくる事も否めません。

採用側も人材を求めていて、あなたがその候補として有力になってくれば話は次第に「入社」へ向けたものに変化してくるでしょう。そこでNOと言うのには勇気が必要です。結果、「何だか思っていたところと違う職場」へ転職をしてしまうかもしれません。せっかくの転職活動も、これでは意味がありません。

「よりよい職場ではたらきたい」「ライフスタイルに合った働き方をしたい」と望んではじめた薬剤師求人活動です。きちんと拘って、納得のいく転職先を見つけ出したいものですよね。そんな場合、「薬剤師の転職支援サイト」をうまく活用して下さい。 済生会熊本病院

サイト登録後にあなた専属のコンサルタントが付き、あなたの転職をサポートしてくれるサービスがあります。 あなたの希望条件を満たした求人情報をピックアップしてくれることはもちろん、 履歴書や面接についての知識もアドバイスしてくれますので、ぜひ賢く利用するべきです。

また、「面接まで進んだけど、辞退したい・・・」といった場合も、コンサルタントが先方への連絡をしてくれますので安心して転職活動を進める事が出来るのです。 転職活動での心配を払拭し、スムーズな職探しを進めましょう!

薬剤師として独立するにはどうすればいい?

薬剤師として知識や経験を積み、そろそろ独立について考えているという方はどうすれば良いのでしょうか。 調剤薬局は全国に約55,000店舗もあります。

その内のほとんどは個人で経営されているものであるため、自分も独立しようと考えることがあるでしょう。

現在は薬局に勤めているものの、営業形態に不満がある、経営者に不満があるという方は多いはずです。 自分だったらこうするのに…という理想があっても雇われている立場ではなかなか主張しづらいですよね。

自分にとって理想的な薬局を作るために独立を考える方も珍しくありません。 それに、独立をした薬局の人気が出れば高収入も期待することができます。

誰かに雇われている立場だったとしても、薬剤師として働いている方ならば、サラリーマン以上の収入を得ることができるでしょう。 ですが、職場によってはほとんど昇給せず、働き始めた時は満足のいく給料をもらっていたものの、年を取ってからは思うように稼げない…という方もいるようです。

長く薬剤師として働けばそれだけ知識も技術も身に付いてくるわけですが、それなのに給料は伸びないということになると不満にも繋がってしまいますよね。

独立をしたところ、収入が増えたという方もいるので、自分にとって理想的な薬局を作り、収入アップを目指すためにも独立という一つの方法を検討してみましょう。

ただ、独立する際に考えなければならないのはメリットだけではありません。 どのようなデメリットがあるのかもよく確認しておきましょう。

調剤薬局の場合、利用者がゼロになることは珍しく、薬の価格もそれほど頻繁に変動するわけではないことから経営は安定しやすいと言われています。 ですが、絶対に倒産の可能性がないとは言えないのです。

それに、雇われている薬剤師として働くのには向いているものの、自分で経営者となって様々な事を考えるのは向かないという方もいるため、本当に自分が独立した後に薬剤師として活躍していけるのかも考えましょう。

ママ薬剤師におすすめなのは託児所付きの求人

育児が落ち着いた時に職場に復帰しようと思ったものの、ブランクがネックになってしまい、なかなか薬剤師として働き始めることができないという方もいるようです。

ですが、ブランクのサポートに力を入れている病院や求人も増えてきました。 しかし、問題になってくるのが子どもが小さいうちから働こうと思っている方です。

子どもを預けられる施設がなく、どうしても薬剤師として働き始めることができないという方もいます。 全国的に見ても託児所などの保育施設の数は不足しており、子どもを預けたいのに預けられないという方は非常に多いですよね。

そこで、企業内託児所を設置している求人を探してみると良いでしょう。 特に、女性の従業員の多い企業や事務所で企業内託児所を設置しているところがあるので、チェックしてみてくださいね。

薬剤師が活躍できて女性の従業員が多く、企業内託児所がある可能性の高い職場といえば、有名化粧品メーカーなどです。

化粧品を開発する際には調剤に関する知識が必要となるため、薬剤師の求人も出ています。

また、働いている方の多くが女性ということもあり、託児所を設置しているところがあるのでチェックしてみてくださいね。

また、薬剤師にとって代表的な勤務先である、病院やクリニックでも託児所を設けているところが増えてきました。 院内保育所を設置しているところであれば安心して働くことができるでしょう。

高齢者施設や介護老人保健施設の中にも託児所を設置しているところがあるため、求人情報探す際には注意してみてくださいね。

託児所付き職場を探すメリットとして大きいのは、従業員向けに作られている託児所であるため、待機児童が多い地域だったとしても預けられる可能性があるということです。 今は預けられる保育所を探して引越しをする方までいますが、託児所付き職場を見つけることができればそのような手間を省くことができます。

それに、一般的な保育所に預けるとなれば送って行ったり迎えに行く手間が発生しますが、そのような手間も抑えられるため、転職支援サイトなどを活用しながら求人先の情報を集めてみましょう。

このページの先頭へ