イメージ画像

派遣薬剤師として転職する

薬剤師の方が働き口を探す場合、「正社員」や「パート」「アルバイト」など自身のライフスタイルに合わせた雇用形態が選択できます。 女性の多い職業である薬剤師は出産、育児、介護など、家庭の様々な事情によって働ける時間に制限が生じる事も珍しくなく、現在多くの薬剤師の皆さんが「正社員」だけに捕われない働き方で活躍されています。

そんななか、「パート」や「アルバイト」とは異なる「派遣薬剤師」が近年増加してきていると言われています。 「派遣」は比較的新しい働き方ですので、「そもそもパートと何が違うの?」と疑問を持たれる方も多いかもしれません。 「派遣薬剤師」にはどのような利点が存在するのでしょうか?

「パート」「アルバイト」と「派遣」求人の決定的な違いは、その緊急性と言っても良いでしょう。 「今すぐにでも働いてほしい!」、また「求人を出してもエントリーがされない!」という薬局のニーズによって、緊急性の高い派遣求人が公開されているのです。 「今すぐ薬剤師が必要!」という現場ですので、その需要に比例して「派遣薬剤師」は収入面も優遇されています。

しかし、デメリットとして覚えておいてほしいのは「一定期間の契約で働いている」という点です。 「正社員」や「パート」「アルバイト」と違い、「派遣薬剤師」は決められた期間だけの契約で働いていますのでどんなに職場の環境や業務内容に馴染んだとしてもいつかは契約が切れてしまいます。

この「決められた期間だけ働く」というスタイルは、事情によってはメリットになるかもしれません。 しかし安定を求めて求職を行っている薬剤師の方にはオススメできる雇用形態とはいえないでしょう。

とはいえ、「事情があり長期間の勤務が難しい」「決められた時間内で効率よく稼ぎたい」など「派遣薬剤師」という働き方がマッチする薬剤師の方には非常に好都合なスタイルです。 「パート」や「アルバイト」としての働き口をお探しの方は、一度自分に合うかどうかを検討してみてはいかがでしょうか。

このページの先頭へ