イメージ画像

調剤薬局で活躍する薬剤師になる

薬剤師として活躍できる職場は様々で、選択肢は多岐に渡ります。 そのなかでも薬剤師の就職・転職先として多いのが「調剤薬局」です。 「調剤薬局」では、多くの場合医療機関のそばに併設された薬局で医師が出した処方箋を元にお薬を処方するのが主な業務となります。

もちろん「調剤薬局」には日々様々な患者さんが訪れ、薬剤師と接する事になります。 「調剤薬局」の薬剤師は単に処方箋に従って調剤し、患者さんへ渡すだけでは務まりません。 患者さんの体調についてや、副作用・服用方法についての相談に乗るなど相手の立場を思いやった対応が求められてきますので、最低限のコミュニケーションスキルは必須となるでしょう。

逆に未経験者による「調剤薬局」への転職は然程悩まなくても良いでしょう。 キャリアやスキルは自ずと身に付いてくるものですし、「未経験者だから」と悪い印象を受ける面接官もそれほど多くはありません。

薬剤師は人手不足が叫ばれる職種でもありますので、経験・未経験問わず「とにかく薬剤師が必要だ!」と求人を出す「調剤薬局」は決して少なくはないのです。 「未経験者だから・・・」と不安を抱き「調剤薬局」求人の応募に踏み切れないようであれば、県や市による勉強会に足を運び臨床知識を学ぶなどしても良いでしょう。

どんなにキャリアを積んだベテラン薬剤師であっても、最初は皆未経験者であったことを忘れないで下さい。 たとえ調剤の経験が無かったとしても、薬剤師であればチャンスはあるのです。

また、気になる「調剤薬局」で勤める薬剤師の収入について触れておきましょう。 「調剤薬局」で活躍する薬剤師の年収は平均して四百万から六百五十万円ほどであると言われています。 なかでも管理薬剤師ともなれば一年めから六百万円を上回る事も珍しくありません。

高収入を狙うのであれば、管理薬剤師としての転職か地方にある規模の小さな薬局が狙いめです。都心・大手になるほど収入額は若干ダウンしてしまう傾向があるようです。

このページの先頭へ