イメージ画像

採用側が求めている「薬剤師像」を理解しましょう

薬剤師の方が転職活動を行うのであれば、まずは自分自身の「転職理由」からあぶり出される「希望条件」を明確にする事が第一段階と言えるでしょう。 「転職理由」「希望条件」を確固たるものにする事でその後の求人選びや面接対策はよりスムーズで優位なものになるはずです。

とはいえ、「人間関係が楽そうな所で働きたい・・・」「もっと収入が良いところが良い・・・」といった一方的な希望条件も考えものです。 あなたが数ある求人情報の中からより魅力的な求人を選んでいる様に、採用する側も多くの求職者のなかから優れた人材を選んでいるという事を忘れてはいけません。

調剤薬局やドラッグストア、病院や製薬会社など、薬剤師の就職先には様々な選択肢があります。 その先々で「求められる人材像」は異なるものの、どの職場でも共通して「求められる薬剤師像」というものも存在しています。 一体採用側はどのような薬剤師を求めているのでしょうか?

薬剤師の転職活動では、「転職理由」や「希望条件」を定めるのと同じ様に求められる資質・能力を理解し身につける事がポイントとなってくるはずです。 全ての薬剤師に問われている能力とは、ずばり「コミュニケーションスキル」、そして「ヒューマンスキル」です。

「ヒューマンスキル」というと少々分かり辛いかもしれません。 つまり、薬剤師としてのモチベーションの高さとも言い換える事が出来るでしょう。 また、「コミュニケーションスキル」も同じくどのような職場でも重要になってくるでしょう。

どのような現場であれ、薬剤師という仕事は様々な立場の方と接する事の多い仕事です。 薬剤師としての意識を高く持つこと、そして職場の方や患者さんの皆さんとの繋がりを業務に活かす力が求められているのです。

この二つは、薬剤師に限った事では無いかもしれません。 しかし基本的な要素であるからこそ、見逃す事のできない大切なポイントなのです。 あなた自身の希望と採用側との希望が合致する事が「転職成功」の鍵とも言えるのではないでしょうか。

このページの先頭へ